更新停止

この度二つのブログを統合し新しく再出発する事に致しました。
今までご愛顧ありがとうございました。
もちろんここは覚書きとして私としても重要な拠点でありますので残しておきます。

これからも何か参考になればと思います。

以降Linux関連の話題、他の話題も別け隔てなく新しいブログにて更新して行きたいと思います。

移転先は↓です。
http://naorin.xrea.jp/
どうぞよろしくお願いします。

ランキングとかアクセス解析とか

以前遊びで登録したランキングを退会しました。
基本自分の覚書。
検索等で訪れた方々に何かのヒントになればと言うブログ。
ランキングを競う趣味もアクセスアップの趣味もない。
ちゅう訳でやめました。

アクセス解析は忍者ツールズのアクセス解析を付けていましたが、簡単な自作アクセス解析に変えました。
ただでさえスマホやタブレットで見ると、広告が表示されるサーバーですが、スマホ、タブレットで見ると忍者ツールズの広告が超邪魔なので…。
なんで最初からそうしなかったんだろう?

スパム

スパムが多いです。
承認待ちコメントを見てみたらスパムが数百件。
ってんで全て削除してコメントは1日限定にしました。

メールフォーム

何度もテストを重ねた上で設置したのですが、どうもメールフォームに不具合があるみたいです。

と言う訳でメールフォームを差し替えました。
もし送ったけど返信が来ないと言う方がいらっしゃったらごめんなさいです<(_ _)>

今度のメールフォームはサーバーにもメッセージを保存出来るので大丈夫だと思います。
お気軽にご意見ご感想等お寄せ下さい。

掲示板

たぶん使わないと思うけど、姉妹サイトに置いてある掲示板のリンクを貼った。
何かあれば気軽に連絡が取れる。

メールフォーム

掲示板とか無くなったので代わりにメールフォームを付けました。

移転

ドメインを購入しいつまでも無料ドメインのままなのもアレなので、サイトを移転しました。
掲示板も元々トップだったファイルも削除し、ブログだけ残しました。

元来自分の覚書き用なので良いかな。

wattOS R10の追記

先日記事を書いたwattOS R10記事に書き忘れていた部分があったので追記として書き加えました。

訂正とお詫び

ここ数日DebianDogにおけるインストールや運用について色々書いて来たわけですが、ある程度まとめが出来きて来た所で4Gの中身をスリムにしようと再インストールしました。
自分のブログを見ながら進めましたが、所々上手くいかない。

どうも起動オプションの件など記事に書いた通りの正確なソースが表記されていない事が原因らしいと言う事がわかり各所訂正致しました。

どうもすみません<(_ _)>

何か間違い等ありましたら、掲示板へお知らせ下さいません。

DebianDog(jwm)の続きはまた次回。

でわでわLinuxに興味のある方はぽちっとな♪

Linux ブログランキングへ

DebianDogのFrugalインストール

DebianDogのインストールは理解してみると簡単です。
日本語化が面倒臭いので日本語化されているファイルを使います。

さてまずは下準備します。

ライブCDの部屋様で公開されているファイルを使いましょう。
こちらからisoファイルをダウンロードします。
今回は4Gへのインストールがテーマなので一番軽いDebianDog-Jessie-jwm_icewm-2915-09-02-jp.isoを使います。
Unetbootinを使ってライブUSBを作ります。
次にGparted等を使って4GのSSDをext4でフォーマットします。
SDカード等にSwap領域を作り4Gに挿して置きます。

いよいよインストール作業を開始しましょう。
作ったDebianDogのライブUSBを4Gに挿して起動します。
Escキーを連打。
↓勘違いです。
起動メニューが出てきたらF2キーを押して日本語を選択します。
これをしないと英語で起動します。

起動メニューが出てきたらエンターを押します。

Puppyのようにコマンドが次々流れ始めます。
起動中rootのパスワードと用意されているpuppyユーザーのパスワードが表記されます。
今後必要になりますので覚えておいて下さい。
オンメモリのため少々お待ちください。
さ〜DebianDogのデスクトップが表示されました。

debiandog

↑(gmplayerをアンインストール後に撮影)

以下極楽はぜさんのPuppyLinux 子犬風デビアン「DebianDog」をインストールしてみました。をヒントに行いました。

デスクトップのsda1をクリックして開きます。
sdb1かsdc1のDedianDogのライブUSBの中身を開きます。
ライブUSBの中のliveと言うディレクトリをsda1のマウスカーソルで移動してコピーします。

メニュー→システム→DebianDog-Frugal インストールでインストーラーを起動させます。

ddin

↑のように設定したらinstallを押します。

さてこれからが重要です。
sda1をもう一度開きます。
menu.lstと言うファイルが出来上がっていると思うので、クリックして開きます。
いくつもの起動メニューがリスト化されて出来上がっています。
この中から↓の記述を探し出します。

menu

↑のメニューをコピーしてリストの一番上になるように貼り付けます。
この起動メニューから起動する事によって設定が自動的にセーブされます。

これでDebianDogのFrugalインストールが完了です。
再起動してDebianDogのデスクトップ画面が表示されたらインストール成功です。

解ってしまえば単純です。
さて次回は無線LAN設定など必要最低限必要な設定についてお話します。

でわでわLinuxに興味のある方はぽちっとな♪

Linux ブログランキングへ