Lubuntu 1804 LTSの設定その1

EeePC 1000HA, Lubuntu

今日はお仕事を半日で帰って来たので昨日やった事記事に書いておく。

まずはisoファイルをダウンロード。
ここからダウンロードします。

UnetbootinでUSBメモリの焼いてライブUSBを作ります。
ライブUSBを起動してHDDにインストール。

ちょっと古いけれどここを参考に。

インストール後少しだけ設定しました。

最初は数回フリーズしましたが、取り敢えず今は安定しているようです。

言語サポートにて日本語設定。
Ubuntu公式ファミリーは日本製ではないけれど、日本語化に手間取る事がないので楽です。

タッチパッドが邪魔くさいのでTouchpad-Indicatorを入れようとしましたが、どうもその頃不安定でフリーズして自動起動の設定が出来ませんでした。
↓のコマンドが有効だったのでランチャーを作り自動起動に入れました。
xinput set-prop "ETPS/2 Elantech Touchpad" --type=int --format=8 "Device Enabled" 0
↑のコマンドが駄目な場合は↓
xinput set-int-prop “SynPS/2 Synaptics TouchPad” “Device Enabled” 8 0

↓一から作るのが面倒だったので、管理者権限にて/usr/share/applicationsを開く。
sudo psmanfm /usr/share/applications

LXTerminalのランチャーを/home/nao/.config/autostartへコピーして右クリックショートカットエディタにて適当に編集しました。
(一般)名前「touchpadoff(任意)」
(デスクトップエントリ)コマンド xinput set-prop "ETPS/2 Elantech Touchpad" --type=int --format=8 "Device Enabled" 0

「端末エミュレータで実行する」にチェック
他は任意。

それで自動起動しなければ「LXSession のデフォルトのアプリケーション」にて自動立ち上げでチャックが入っているか確認して下さい。

複数OSが入っているので、boot編集のためにGrub Customizerを入れました。

sudo add-apt-repository ppa:danielrichter2007/grub-customizer
sudo apt-get update
sudo apt-get install grub-customizer

私の環境だけなのかもしれませんが、Synaptic パッケージマネージャやGrub Customizerの表示が変で非常に見にくかったのでルックアンドフィールの編集をしました。
デフォルトから別のテーマに変えると改善されました。

取り敢えず昨日やった事はここまで。

今もまだちょっと不安定ですねぇ。
リリース直後からなのか?
時々フリーズします。
徐々に安定する事を願って更に設定を続行します。

メインで使っていた900HAが半壊状態なので1000HAをメインにしたいので、がっつり色々入れていきたいと思います。


Comments are closed.