決定版

お知らせ, その他

ここしばらく続けてきたPCに合う、自分らしいディストリ探しももう終わりました。

メインマシンのマイネットブックと、サブマシンのマイデスクトップの決定版が仕上がりご満悦です。

マイネットブックの決定版の詳細はこちら。
マイデスクトップの詳細はこちらです。

ってな訳でしばらく変わった動きもなさそうなので、更新もあまり無くなりそうです。

ただPuppy Linuxは新しい正式な日本語版がリリースされたら試すつもりです。
Puppy Linuxは本家開発者Berry氏の引退により一時期活動があまりありませんでしたが、最近本家では活気づいています。

開発中のPuppyはTahr Puppyと言うネーミングなので、Ubuntu 14.04 LTS (Trusty Tahr)リリースに合わせた、Ubuntu 14.04 LTSベースの物と思われます。
従来のPuppy Linuxは個人設定のサイズは少なく、いっぱいになるとサイズを大きくしなくてはならない。
最大でも1.8GB以内で収めましょうと言われていましたが、Save-to-directoryと言う仕様に対応してしているそうです。
Save-to-directoryって何?
よくわからないけれど、多分保存領域のサイズの縛りが無くなるのでは無いかと勝手に想像しています。
ちょっと楽しみです。


Comments are closed.