Brotherプリンターの設定

未分類

先月電気屋さんの売り出しでBrotherのプリンターを購入し、お盆休みにようやくプリンターの設定を行いました。

BrotherのプリンターはLinux用のドライバーを提供しており、機種に合わせたdebファイルをダウンロードしてインストールすればUbuntu系やDebian系簡単にプリンターの設定が出来ます。
まずはプリンターのドライバーのインストール。
ここからお使いのプリンターの機種のLinux用debファイルをインストールします。
Linux bean14.04やLubuntu14.04LTS、Precise-571JP共にクリックするだけで簡単にドライバーのインストールが出来ます。

家で購入した機種はDCP-J152Nです。
2つのファイルが用意されていましたが、どうも両方無いと駄目そうだったので2つともインストール。

設定の仕方はPrecise-571JPの場合。
ドライバーのインストール後はこちらのPuppy Linuxと同じです。

Linux bean14.04は印刷セットが入っていない場合は、まず設定ウィザードより印刷セットをインストールして下さい。
その後はプリンター設定より設定します。
追加で自動認識されましたが、どうも上手く接続せず。
Puppy linuxと同じ方法で、IPアドレスを調べて設定する事で設定出来ました。
Lubuntu14.04LTSは元々プリンターの設定がインストールされていますので、Puppy LinuxやLinux bean14.04と同じように設定します。
恐らくUbuntu系やDebian系もBrother公式からドライバーを入手する事で簡単に設定が可能と思われます。


Comments are closed.