気になるディストリビューション

Kona Linux, Linux bean, Puppy Linux, その他

今とても気になるディストリビューションがある。
気になるランキング順で紹介してみよう。

第一位!
DebianDogです。

DebianDogはdebian(jessie)をベースとしたpuppyライクなディストリビューションです.
Puppyのパワーユーザーがdebianをベースにpuppyを作ったと言った方がわかりやすいかもしれません.

ライブCDの部屋様からの引用

Puppyライクなディストリビューションなのか、debianをベースにPuppyを作ったのかその辺はっきりしないのがちょっと気になります。

debian(jessie)のリポジトリを採用しapt-getのコマンドでアップデートが可能。
Synaptic パッケージマネージャでアプリの管理が出来ます。
デフォルトではrootログインですが、ユーザーログインでの使用も可能だそうです。

Puppy Linuxでのデメリットであるアップデート機能が無い事、アプリ管理が特殊である事、rootが開きっぱなしでる事全てが補われ、通常Debianの使い心地そのままに、Puppyのインストールの手軽さ、軽快さ、小容量化が実現されているとしたら凄くないですか?

今TahrPup6.0.5を入れてあるEeePC 4Gに是非入れてみたい。
だがしかし。
会社へ持って行ったしどうしようか?
激しくお悩み中です。
Puppy Linux本家フォーラムではオリジナル。
ライブCDの部屋様からは日本語化バージョンをダウンロードする事が出来ます。

そして第二位!
Linux bean1604です。
今年は偶数年。
偶数年と言えば4月にUbuntu系ロングサポートバージョンがリリースされる年です。
Ubuntu系ロングサポートバージョンがリリースされればUbuntu派生のディストリビューションリリースラッシュが始まります。
ワクワクしませんか?
そしていち早くLinux beanの作者様ががUbuntu1604のリリース後、Linux bean1604を作成すると発表されています。

リリースされた曉にはLinux bean1604を今現在使用中のEeePC 900HAにインストールして是非使いたい。

第三位!
Kona linux3.0 Blackです。
Kona Linux3.0発表当初は軽量バージョンのlightやBlackの3.0バージョンを作成しないと発表されていましたが、要望が高くまずlightがリリースされ、そしていよいよBlackもリリースされました。

今現在使用しているEeePC 900HAはKona Linux2.3 Blackをインストールして使っていますが、インストール当初はメモリが512MB。
切実でありました。
2.3 Blackのサポート期限が切れた曉にはどれだけ快適に使える軽量ディストリビューションがあるだろう?
今はメモリ1GBにスペックアップしたため、まだいける!と思っていますが、Linuxディストリビューション全体的に年々スペック要件が上がって来ているため、古いネットブック愛用者の私にとっては、少しでも軽量ディストリビューションの選択肢は残っていて欲しい。
これは切実な願いです。
根っからのLinuxファンはスペック要件関係なく豪華高機能なLinuxディストリビューションを使うのかもしれませんが、古いPCを生かし大切に使って行きたいと願いWindowsよりスペック要件の低い軽量ディストリビューション望む方々も多くいるはずです。

Kona LinuxシリーズはライブCDの部屋様の理研サーバーからダウンロード出来ます。


Comments are closed.