EeePC 4GへXenialpup 7.0.4インストールその1

EeePC 4G, Puppy Linux, ネットブック

予告通り今日はEeePC 4GへXenialpup 7.0.4をインストールした話です。

まず最初のやるべき事はisoファイルのダウンロードとライブUSBメモリの作成になります。
この作業はEeePC 4Gでは厳しいのでKLUE 2.0 lightをインストールしてある他のPCで行いました。

Xenialpup 7.0.4のisoファイルをここからダウンロードします。
そしてすぐに日本語化が可能なようにシノバーさん作日本語パッケージ(lang_pack_ja-2.0.sfs)もここからダウンロードしておきます。

日本語化が面倒くさいと思う方は既に日本語化がされているファイルも公開されているので御試しあれ。

ファイルの準備が終わったら、ライブUSBメモリの作成です。
Unetbootinと言うアプリケーションで作成します。

私はデフォルトでUnetbootinが用意されているKLUE 2.0 lightで行いましたが、Unetbootinって何?どうやってインストールするの?使い方はどうするの?と言う方はこちらで解説していますので参考にして下さい。

ライブUSBが完成したらすぐに日本語化出来るように、作ったライブUSBの中に日本語パッケージ(lang_pack_ja-2.0.sfs)入れて置いて下さい。

いよいよEeePC 4Gの登場です。

出来たライブUSBをEeePC 4Gへぶっ刺します。
電源ボタンを押したらESCキー連打します。(EeePC共通)
起動選択画面が出てきますので方向キーでライブUSBと思われる所を選択しEnterを押します。

いよいよXenialpup 7.0.4の起動が始まります。
呪文の言葉が次々画面を流れていきますが、驚くなかれ。
それがPuppy Linuxの起動画面です。
4GでPuppyを起動する場合は時に呪文が必要になりますが、Xenialpup 7.0.4の場合すんなり起動しました。

オンメモリのため起動は決して早いとは言えません。
心静かに待ちましょう。

さ〜いよいよXenialpup 7.0.4のデスクトップ画面が表示されました。
xenialpup704

Puppy Linuxと言うディストリビューションはUSBメモリでの運用に優れた力を発揮すると言うのが有名でHDDへインストールする事自体が少々異端という感じなので、この状態でも十分使う事は可能です。

ですが今回は4GBのちっちゃいSSDへのインストールがテーマなのでSSDへインストールしてしまいます。

まぁどうしても必要と言う訳ではないのですが、英語だらけで神経に触るのでまず最初に日本語化してしまいましょう。
ライブUSBの中に入れて置いたlang_pack_ja-2.0.sfsを使って日本語化します。
デスクトップ画面の中sdb1とかsdc1とかあると思います。
それをシングルクリックします。
Puppyは基本はシングルクリックなのでダブルクリックすると2つ起動します。
中にlang_pack_ja-2.0.sfsを見つけたらシングルクリックして下さい。

するって〜と何やら起動するのでinstallとかそんな英語をクリック。
適当にOKやら何やらクリックするとインストールしてくれます。

デスクトップ画面が消えて少々お待ち下さいと出てくるはずです。
次にデスクトップ画面が表示されるとあら不思議日本語になってます。

で次に初期設定画面が出ていると思いますが、まぁこの段階ではほっといても良いかな〜?
気になったら↓のように設定してみて下さい。
setup

Puppy LinuxはFrugalインストールと言う特殊なインストール方法を使うのでアナログな方法を使ってインストールします。

いよいよインストールと行きたい所ですが、そろそろ記事作成に疲れて来ました。
あまり無理をするともうブログ更新や〜めたとなりかねないので今日は一先ずこの辺で。

次回こそFrugalインストールについてお話致します。

ちなみに基本ここまで丁寧な解説を行わないのですが、暇なのでちょっと頑張ってみました。

でわでわLinuxに興味のある方はぽちっとな♪

Linux ブログランキングへ


Comments are closed.