EeePC 4GへXenialpup 7.0.4インストールその2

EeePC 4G, Puppy Linux, お知らせ, ネットブック

さていよいよXenialpup 7.0.4をインストールしましょう。
ってその前に大事な事がありました。

これからインストールするSSDのフォーマットとSwap領域の作成です。
これにはXenialpup 7.0.4にデフォルトで入っているGPartedと言うアプリケーションを使います。
メニュー→システム→Gpartedで起動する事が出来ます。

まずはSwap領域を作ります。
Swap領域とはLinuxにおいての仮想メモリです。
オンメモリなので作っておいた方が安全でしょう。
Puppyの場合はどこに作っても自動的にSwap領域を認識してくれます。
4GBのSSDに作っても良いのですが、余裕を持ちたいのでUSBメモリかSDHCカードに作ってみた方が良いかもしれません。
500Mibか1000Mib位あれば良いでしょう。

そしてXenialpup 7.0.4をインストールする場所はsda1と言う領域をext4にフォーマットします。

なおGpartedの使い方はこちらを参考にして下さい。

かなりざっくりとした説明ですが、失敗してもEeePC 4Gです。
失敗を恐れずまずはチャレンジ。
感覚で掴む事こそLinuxディストリビューションを操る第一歩です。

さてFrugalインストールをします。
日本語版として公開されているPuppyには必ずといってFrugalインストール用のアプリケーションがついています。
ですがオリジナルにはそういったアプリケーションは用意されていません。

ではどうするのか?
簡単です。

ライブUSBメモリの中身を全てSSDの中にコピーします。
全てのファイルが必要ではないと思いますが、どれが必要でどれが要らないのかよくわからないので全部コピーしてしまいます。

デスクトップに表示されているsdb1とかsdc1とかをまずはシングルクリックします。
中身にpuppy_xenial_7.0.4.sfsと言うファイルがあればビンゴです。
そしてSSDはsda1ですので開きます。

ライブUSBの中のファイルをsda1の中にマウスカーソルで移動します。
コピーと移動の選択が出てきますので、コピーをクリックします。
これをひたすら繰り返します。
全てのファイルのコピーを全て完了させます。
これでインストールは完了ですが、これだけでは起動する事が出来ません。

その後はGrub4Dosと言うアプリケーションを使い起動設定ファイルを作成します。

メニュー→システム→Grub4Dosで起動します。

使い方はシノバーさんが解説されています。

4Gの中でデュアルブートをする環境ではなく、慎重にしなければならない事項はないので簡単です。
流れにそって薦めていけば自動的に完了します。

注意はライブUSBの中のXenialpup 7.0.4も起動選択の候補として出てくるので、それは削除した方が良いでしょう。
ただここで間違えてはいけないのはsda1はSSDの中のXenialpup 7.0.4なので消さないで下さい。

ブート設定が完了したら再起動します。
個人設定への保存が促される画面が出てきますが、今回は保存せず終了させます。

今度は何もアクションせず起動画面が現れたらエンターを押してみて下さい。
ライブUSBからの時と同じように呪文が次々流れXenialpup 7.0.4のデスクトップが表示されたらインストール成功です。

さてようやくXenialpup 7.0.4が4Gの中にインストールされました。
はてさてこれがEeePC 4Gを軽やかに動作させてくれるでしょうか?

めでたく?人気ブログランキングLinuxカテゴリー1位に輝きました。
物好きなおばちゃんがやっていると言う所が興味を唆られるのでしょうか?
でわでわ恒例となりました。
Linuxへ興味のお持ちの方はぽちっとな♪

Linux ブログランキングへ


Comments are closed.