Xenialpup 7.0.4の初期設定

EeePC 4G, Puppy Linux, ネットブック

さていよいよ4GにXenialpup 7.0.4がインストールされました。
使うにあたって初期設定をしましょう。

起動した際にすぐに立ち上がるのが初期設定画面です。
日本語化が先でも初期設定が先でもどちらでも良いのですが、↓の図のように初期設定をします。(日本語化後)

setup

そして日本語化はEeePC 4GへXenialpup 7.0.4インストールその1で記述しましたが、シノバーさん作日本語パッケージ(lang_pack_ja-2.0.sfs)を使います。
lang_pack_ja-2.0.sfsの保存場所を開きクリックします。
後に数回クリックするだけで簡単に日本語化が完了します。

そして重要なのが無線LAN設定です。
過去のPuppyではこれが難関でしたが、今はUbuntuベースになり無線LANアダプタ等認識力が大幅にアップし、EeePC 4Gの内蔵無線LANもしっかり使える仕様になりました。

無線LAN設定はこちらを参考にして下さい。

でわここで一度シャットダウンして個人設定を作成しましょう。
Puppyは昔は個人設定ファイルを作成と言う方法でしたが、今はファイルでは無く個人設定を保存するディレクトリを作成する方法が可能になりました。
4GBよりも更に少ない容量でやりくりするのがPuppyの特徴でしたが、今はパーティション内全体を使えるようになりました。
Puppyにとっては4GBはとても広々と使えるサイズと言う事です。

さてシャットダウンします。
通常はメニュー→シャットダウン→シャットダウンでシャットダウンが始まりますが、個人設定を保存する前には個人設定の保存の画面が起動します。
保存をクリックして、アナウンスに従って設定を済ませて下さい。
まぁ適当に進めていけば大丈夫だと思います。

個人設定が終わるとシャットダウンが始まります。
個人設定終了後の初回の終了は、時間がかかりますので心静かに他の事をしながらお待ち下さい。

次回はアプリケーションの導入についてお話致します。

拙い文章にお付き合い頂きありがとうございました。

でわでわLinuxに興味がある方はぽちっとな♪

Linux ブログランキングへ


Comments are closed.