DebianDog(jwm)のconkyの編集

DebianDog, EeePC 4G, アプリとか, ネットブック

折角conkyを入れたので設定して使えるようにしましょう。

conkyを導入するを参考に設定をしていきました。

まずは端末に↓を入力してconkyの設定編集するファイルを生成します。
cp /etc/conky/conky.conf ~/.conkyrc

ホームのユーザーディレクトリの中に「.conkyrc」と言うファイルが生成されるのでこのファイルをテキストで開き編集して表示設定します。

デフォルトのファイルはすでに残っていないので私の現在の設定ファイルで説明します。

私の設定ファイルは↓です。
conky.config = {
alignment = 'bottom_right',
background = true,
border_width = 1,
cpu_avg_samples = 2,
default_color = 'white',
default_outline_color = 'white',
default_shade_color = 'white',
draw_borders = false,
draw_graph_borders = true,
draw_outline = false,
draw_shades = false,
use_xft = true,
font = 'DejaVu Sans Mono:size=9',
gap_x = 5,
gap_y = 60,
minimum_height = 5,
minimum_width = 5,
net_avg_samples = 2,
no_buffers = true,
out_to_console = false,
out_to_stderr = false,
extra_newline = false,
own_window = yes,
own_window_class = 'Conky',
own_window_type = 'desktop',
stippled_borders = 0,
update_interval = 1.0,
uppercase = false,
use_spacer = 'none',
show_graph_scale = false,
show_graph_range = false
}

conky.text = [[
${color white}Uptime
${color white}$uptime
$hr
${color white}Battery
${color white}$color$Battery
$hr
${color white}File systems
${color white}$color${fs_used /}/${fs_size /}
${color white}$color${fs_bar 6 /}
$hr
${color white}RAM Usage
${color white}$color $mem/$memmax
${color white}$color $memperc% ${membar 4}
$hr
${color white}Swap Usage
${color white}$color $swap/$swapmax
${color white}$color $swapperc% ${swapbar 4}
$hr
${color white}CPU Usage
${color white}$color $cpu% ${cpubar 4}
#${scroll 16 $nodename - $sysname $kernel on $machine | }
#$hr
#${color grey}Processes:$color $processes ${color grey}Running:$color #$running_processes
#${color grey}Frequency (in MHz):$color $freq
#${color grey}Frequency (in GHz):$color $freq_g
#${color grey}Networking:
#Up:$color ${upspeed wlan0} ${color grey} - Down:$color ${downspeed wlan0}
#$hr
#${color grey}Name PID CPU% MEM%
#${color lightgrey} ${top name 1} ${top pid 1} ${top cpu 1} ${top mem 1}
#${color lightgrey} ${top name 2} ${top pid 2} ${top cpu 2} ${top mem 2}
#${color lightgrey} ${top name 3} ${top pid 3} ${top cpu 3} ${top mem 3}
#${color lightgrey} ${top name 4} ${top pid 4} ${top cpu 4} ${top mem 4}
]]

conky.config = {から}までの中に全体的な編集をします。
この箇所で私が編集したのは3箇所です。

1.表示位置
alignment = 'bottom_right',
「bottom_right」の箇所を変更する事により表示位置を変更します。
「top_left」→右上です。
「bottom_left」→右下です。
「top_right」→左上です。
「bottom_right」→左下です。

2.フォント
font = 'DejaVu Sans Mono:size=9',
フォントの種類と文字の大きさです。
フォントはよくわからないので取り敢えず大きすぎる文字を小さくしました。
「size=9′,」の中の数字を変更します。
最初はもっと大きな文字でしたが、数字を変更して文字を小さくしました。
文字が小さくなると全体の大きさがぐっと小さくなりました。

3.背景
own_window = yes,
最初は↓で黒い背景でした。
own_window = true,
↓に変更する事で背景が透明化しました。
own_window = yes,

以上で私の全体の表示や動作についての編集項目は終わりです。

conky.text = [[から]]までの中が表示項目の設定です。

デフォルトではバッテリーの項目が無かったのでます調べてバッテリーの項目を追加しました。

${color white}Battery
${color white}$color$Battery

「$hr」は水平線です。

後はサンプルのデフォルト設定の中で項目を選びバッテリー項目に合わせて編集しました。
表示されている項目は↓です。
${color white}Uptime
${color white}$uptime
$hr
${color white}Battery
${color white}$color$Battery
$hr
${color white}File systems
${color white}$color${fs_used /}/${fs_size /}
${color white}$color${fs_bar 6 /}
$hr
${color white}RAM Usage
${color white}$color $mem/$memmax
${color white}$color $memperc% ${membar 4}
$hr
${color white}Swap Usage
${color white}$color $swap/$swapmax
${color white}$color $swapperc% ${swapbar 4}
$hr
${color white}CPU Usage
${color white}$color $cpu% ${cpubar 4}

残りの項目には行頭に「#」を追加して非表示にしました。

#${scroll 16 $nodename - $sysname $kernel on $machine | }
#$hr
#${color grey}Processes:$color $processes ${color grey}Running:$color #$running_processes
#${color grey}Frequency (in MHz):$color $freq
#${color grey}Frequency (in GHz):$color $freq_g
#${color grey}Networking:
#Up:$color ${upspeed wlan0} ${color grey} - Down:$color ${downspeed wlan0}
#$hr
#${color grey}Name PID CPU% MEM%
#${color lightgrey} ${top name 1} ${top pid 1} ${top cpu 1} ${top mem 1}
#${color lightgrey} ${top name 2} ${top pid 2} ${top cpu 2} ${top mem 2}
#${color lightgrey} ${top name 3} ${top pid 3} ${top cpu 3} ${top mem 3}
#${color lightgrey} ${top name 4} ${top pid 4} ${top cpu 4} ${top mem 4}

以上で私の設定編集は終わりです。
お好みで編集してみて下さい。

次回はconkyの自動起動(スタートアップへの登録)についてお話いたします。

でわでわLinuxに興味のある方はぽちっとな♪

Linux ブログランキングへ


Comments are closed.