DebianDog(jwm)トレイに起動ボタンを入れる

DebianDog, EeePC 4G, ネットブック, 小技

いや〜。
更新したい事はまだまだ山ほどあれど、ちょっとばかりバタバタと忙しかったもんで更新が滞りすんません<(_ _)>
会社勤めは現在しておりませんが、一応母や妻や主婦と言う仕事が残っておりましてな。
ただ自分のしたい事だけしていれば良いと言う訳にはなかなかいきませんのです。

またもやDebianDogの話になります。
え〜σ(・_・)と言う奴はテキストでコツコツhtmlやcssやCGIをいじるのが元々好きな奴でして。
jwmと言うデスクトップ環境はテキストファイルをいじると結構何とかなると言う特性があり結構好きだったりします。
まぁ普通は面倒臭いと思うような作業を面白がっていじると言う変態と言う事でしょう(笑)

DebianDogのjwmはPuppyと若干仕様が異なりトレイ部分が別ファイルになっておりませんでした。
って訳で「.jwmrc」ファイルを編集する事でトレイも編集出来る事に気づきましてな。
いじってみました。

2016-10-16-142923_800x32_scrot

トレイにボタンを設置する事によってデスクトップがすっきりすると共にウインドウを閉じなくてもすぐにアプリを起動出来るのがとても楽です。

ちなみに最初はChromiumのボタンを設置したのですが、Flashのための起動オプションをつけると動作が不安定になりちょくちょくクラッシュするので断念。

さて前置きが長くなりましたが説明にまいりましょう。

まぁ面倒臭いのでσ(・_・)が変更した箇所のみそのまま載せておきます。
設置したい場合は参考にして各自適当に編集してみてください。

先ずは「.jwmrc」と言うファイルをホームのユーザーディレクトリから開きます。

↓の下にボタン設置します。

<TrayButton popup="Show Desktop" icon="mini-desktop.xpm">showdesktop</TrayButton>

↓を追加しました。

<TrayButton popup="Roxterm" icon="/usr/share/pixmaps/roxterm.xpm">exec:/usr/bin/roxterm</TrayButton>
<TrayButton popup="Rox" icon="/usr/share/rox/images/application.png">exec:/usr/bin/rox</TrayButton>
<TrayButton popup="Update" icon="/home/nao/img/update.png">exec:xterm -e sudo sudo apt-get update</TrayButton>
<TrayButton popup="Upgrade" icon="/home/nao/img/upgrade.png">exec:xterm -e sudo sudo apt-get upgrade</TrayButton>
<TrayButton popup="suspend" icon="/home/nao/img/suspend.png">exec:xterm -e sudo sudo s2ram</TrayButton>

上から順番に何を追加したかリストしておきます。
1.roxterm(端末)
2.rox(ファイルマネージャー)
3.Update(sudo apt-get update)
4.Upgrade(sudo apt-get upgrade)
5.suspend(サスペンド

↓の下にシャットダウンのボタン追加
<Clock format="%H:%M">xclock</Clock>

↓を追加しました。
<TrayButton popup="シャットダウン" icon="shutdown.png">exec:xterm -e sudo wmpoweroff</TrayButton>

仮想デスクトップは4個もいらないので2個に減らしました。

デフォルトでは↓です。
<!-- Number of virtual desktops -->
<Desktops width="4" height="1">
<Desktop Name=&quot;One&quot;&gt;
<Background type="command">desktop.ctrl 1</Background>
</Desktop>
<Desktop Name="Two">
<Background type="command">desktop.ctrl 2</Background>
</Desktop>
<Desktop Name="Three">
<Background type="command">desktop.ctrl 3</Background>
</Desktop>
<Desktop Name="Four">
<Background type="command">desktop.ctrl 4</Background>
</Desktop>
</Desktops>

↓に編集しました。
<!-- Number of virtual desktops -->
<Desktops width="2" height="1">
<Desktop Name="One">
<Background type="command">desktop.ctrl 1</Background>
</Desktop>
<Desktop Name="Two">
<Background type="command">desktop.ctrl 2</Background>
</Desktop>
<!-- <Desktop Name="Three">
<Background type="command">desktop.ctrl 3</Background>
</Desktop>
<Desktop Name="Four">
<Background type="command">desktop.ctrl 4</Background>
</Desktop> -->
</Desktops>

トレイでアプリを起動したり、サスペンドやシャットダウンを出来るようになって便利になりました。

ちなみに時折エラーやクラッシュしたりするとデフォルトに戻ってしまう事があるので、「.jwmrc」をどこかへコピーしてとっておくと良いと思います。


Comments are closed.