マイマシン決定版

その他

一時期ヤフオクとネットブックにハマり複数台PCを持っているちょっと変態な私ですが。
最近仕事を辞めて暇を持て余すばかりに、PCいじりをしていました。

あっちにはこのOSをこっちにはこのOSを繰り返しいよいよ決定版かな?
と言う段階に来ました。

ハードになんら事情がない場合は最新LTSのUbuntu系LXDEをとなると意外とそれほど無いです。
で決定版のご紹介です。

ASUS EeePC 4G
CPU:Celeron M 900MHz(実稼働630MHz)1コア
メモリ:1GB
SSD容量:4GB
OS:DebianDog 日本語版

ASUS EeePC 900HA
CPU:Atom N270 1.6GHz/1コア/2スレッド
メモリ容量:2GB
HDD容量:80GB
OS:WattOS R10:Windows7

HP Compaq d✕6120st
CPU:Pentium4 3.2GHz/1コア/2スレッド
メモリ:1GB
HDD:160GB
OS:KLUE 2.0 light:Windows10

トライジェムジャパン AVERATEC AVN1140
CPU;Atom N450 1.66GHz 1コア/2スレッド
メモリ:2GB
HDD:160GB
OS:Basix3.0:Windows10

msi Wind Netbook U100Plus
CPU:Atom N280 1.66GHz/1コア/2スレッド
メモリ:1.5GB
HDD:160GB
OS:KLUE 2.0 light:Windows10

ASUS EeePC 901
CPU:Atom N270 1.6GHz/1コア/2スレッド
メモリ容量:1GB
SSD容量:4GB+8GB
OS:Antix 16

NEC VersaPro VY20A/ED-4
CPU:Core 2 Duo T7250 2.0GHz/2コア
メモリ容量:1.5GB
HDD容量:80GB
OS:Windows10

意外と思われますが、7台中4台がWindowsと同居。
1台はWindowsオンリーです。
ほとんどWindowsは使いませんが、別にWindowsが嫌いな訳でもいらないという訳でも無いです。
ただハード的にLinuxの方が軽いと判断すればメインでLinux、全く無理ならLinuxオンリー。
Windowsで十分ならWindowsオンリーと言うだけな話です。
でWindowsオンリーPCはネットブックに慣れた私にはちと大きすぎて使う気にならないと言うだけの話(汗)

でKLUE 2.0 lightが2台なのが何となくUbuntuLTSがリリースされ新しい物を使おうと考えたのだが、その頃は仕事をしていて忙しかったため無難そうなKLUE 2.0 lightばかり複数台入れたと言う所。
暇になったのでKLUE 2.0 lightばかりも何だなと入れ替えしましたが、ネタがつき終了と相成りました。

まぁKLUE 2.0 lightは見た目も格好が良いし無難。
余計なアプリが結構入っていますが、容量に余裕があれば欲しい物をいくつか入れれば終了なので楽です。
問題は軽量型と言う事ですがXfce要素が取り混ぜられており、素のLXDEよりは若干重めな気がすると言う事でしょうが、そんな気がする程度なので大きな問題ではないでしょう。

自分でカスタマイズしたければBasixかWattOS、素のLububtuLTSはサポート期限が短いので遠慮してますが、LXDEのUbuntu系を使う限りは特に大きな違いは出ないと思います。

と言う事で特に何か変わった事が無い限りは更新も一旦休止状態になるかと思います。


Comments are closed.